アルバムゲインを揃える作業も飽きてきた。

退屈.jpg

久々の更新になってしまいました。
前回の更新からしばらく更新する事が出来ずにいました。


前回の更新では...


前回の更新では、DLNAライフに凝っていて、
Fire TVのKODIで音楽を聴き、微妙にずれているNAS内の音楽ファイルの、
アルバムゲインをMusicBeeで揃える作業をしていると書きましたが、
今の所、約3,000曲が終わり、残りも半分ぐらいになってきたのですが、
この単純な作業もやっぱり飽きるという事が始まってきました。

単純に波形を見ながら、音楽ファイルのアルバムゲインを揃える訳ですが、
波形通りにやっても上手くいかない事も目立つようになりました。
特に、元々の音量が小さいアルバムや、逆に大き過ぎるアルバム等が、
波形だけでは判断出来ない状況に陥っています。

作業の精度にも自信が持てなくなってきた。


単純作業に飽きてきただけでなく、
作業その物の精度にも自信が持てなくなってきました。

波形を見ながら音量を揃える(しかもReplayGainを書き換える)だけですが、
「これで本当に正しいのか?」と思う事が増えてきました。
また、ReplayGainの値を書き換えるだけでは、
本当の意味での音量は揃わないのではないかと感じるようになってきました。
(プロがやっているマスタリングやミックス作業を行わないと不可能なのではと)

そんなこんなで、最近は音量を揃える作業も、
さぼりがちになっており時間を持て余す事も増えてきました。
なんだかんだで退屈な日々を送っている今日この頃です。

ReplayGainだけで本当に音量を揃えられるのかと思い...


ReplayGainだけでは音量が揃わないのではないかと思い始めたので、
マスタリングやミックスが行えるソフトをなんと導入してしまいました。
Cakewalk by BandLabというソフトをインストールしたのですが、
私が求めているような各楽器の音色を変えたり、効果を加えたりといった事は、
どうやら出来ないようで、私の期待を裏切る形になってしまいました。

※音楽ファイルから各楽器を抜き出し、
それの音色を変えたり効果を加えたりといった事が出来ない。

Cakewalk by BandLabはあくまでも作曲ソフトであり、
各楽器を自分で録音・制作したのであれば、
それぞれ音色を変えたり効果を加える事が可能なのですが、
既存の音源の各楽器を抜き出して、それに効果を加えるといった事は、
現在の技術では不可能なようで非常に落胆したのですが、
そんな事が出来てしまえば誰でもエンジニアになれてしまう訳で...

Cakewalk by BandLabというソフト自体は非常に魅力的に感じています。
日本語に標準で対応しており、やりたい事も検索すればある程度出てきます。
ですが、私には作曲の能力がない為、宝の持ち腐れ状態になっています。

いっその事、作曲を趣味にするのもアリかもしれませんが、
重い腰を上げるのが面倒で、なかなか手を付けようと思いません。

そろそろ本日は終わりにしたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。