SpotifyにAnthrax(John Bush期)のアルバムが復活!!

Anthrax-1998-600×600.jpg

今日何となしにSpotifyを眺めていたら、ある事に気付いた。
Anthraxのラインナップの中に「Volume 8: The Threat Is Real!」がある!!

前にこんな記事も書きましたが...


以前こんな記事も書きました。
一時的に日本のSpotifyからAnthrax(John Bush期)のアルバムが全滅。

それが、一部分ではありますがAnthraxのJohn Bush期のアルバムが、
再びラインナップされていた事に、今日初めて気付きました。

私の中でのAnthraxはJohn Bushからだったので、
他の人とは違いJoey Belladonnaに特別な思い入れはなく、
John Bushのヴォーカルに違和感を覚える事はありませんでした。

Spotifyは曲の入れ替わりも激しい。


Spotifyは少し見ていない間に、曲の入れ替わりも激しいと思います。
少し見ていない間に聴けなくなってしまっていたアルバムもありますし、
OverkillのHistorikillのボーナスCD以外の部分も突然配信が始まりました。

Overkill-2015-600×600.jpg
Overkill/Historikill

Spotifyは約4,000万曲と謳っていますが、
他のサービスではそれ以上の曲数を売りにしている所もあります。
Spotifyが約4,000万曲でいつまでも推移しているのは、
配信される曲の入れ替わりが激しいからかと思います。

配信されなくなる曲やアルバムというのは、
主に廃盤になってしまった物が多く、
次いで、権利の都合等で「配信する事が出来ない物」等に分けられると思います。

CDも廃盤にならないで頑張って欲しい!!


今ではダウンロードよりもSpotifyのようなストリーミングサービスの方が、
流行っていると言えるぐらいになりましたが、
まだまだCDにも頑張って欲しいと思います。

というのもここまででも書いてきましたが、
CDが廃盤になってしまうとSpotifyのラインナップからも消える事があるからです。

CDは時代遅れだと言う事は重々承知していますが、
CDが廃盤になる事で他のサービスにも影響してくるというのは、
利用者の立場からすると困ることになってきます。

その点からもまだまだCDには現役でいて欲しいと強く思っています。