NAS + Fire TV + KODIは最強の組み合わせ!!

テレビ(2).jpg

最近は更新が滞りがちになり申し訳ございませんでした。
その間何をしていたかというと、NASを購入しDLNAライフを満喫していました。

ためらっていたNASをついに購入してしまった...


そもそもNASという物が何なのかいまいち理解していなかった為、
購入しようという意欲すら湧いてきませんでしたが、
Fire TVに入れたKODIを何とか活用できないかと考えていく間に、
Amazonで安く売られていた「LS210D0201G」というNASを購入してしまいました。

購入はしたものの...


購入はしたもののいざ運用するとなると、色々と面倒な問題が発生しました。
まずは設置に関して、家のどの場所に置くのか様々な議論になりました。
ですが、これに関してはまだ良かった方で、もっと面倒な作業が待っていました。

一番面倒だったのは音楽ファイルをパソコンからNASに移す作業でした。
単純にコピーとペーストで行うわけですが、
6,826曲を十数時間かけて転送する羽目になりました。
一晩寝ても作業は完了しておらず、
「こんなにも転送速度が遅いのか」と感じさせられました。
(私の考えが甘かったに過ぎませんが...)

音楽ファイルの転送後は...


音楽ファイルをNASに転送した後は、
いよいよKODIに音楽ファイルを登録し、ライブラリに移すだけになりました。
音楽ファイルの登録はすぐに終わり、ライブラリに移す訳ですが、
こちらの移す作業は思っていた以上にすぐに終わりました。
数十分でライブラリの構築は完成し、
KODI独特の綺麗なライブラリが出来つつありました。

アートワークは事前に音楽ファイルに埋め込んでいたので、
すぐに表示されたのですが、アーティストのイメージ画像が表示されません。
「パソコンでやった時には表示されたのに...」と出し方を考え始めました。

結果的に、これを表示させるまでに数日間かかってしまいました。
表示させる事自体は数十分で済んだのですが、方法を思い出せませんでした。

方法を思い出すまでに様々な操作をして、
色々な所を見て、「どうすれば良いのだろう」と数日間迷いました。

ライブラリの完成後は...


ライブラリの完成後は、私の手持ちの音楽ファイルを、
大画面のテレビで、大迫力で再生する事が出来るようになりました。

ウォークマンのドックスピーカーで再生するよりも、
遥かに良い音質で、しかも迫力を増した状態で聴けるようになりました。

ウォークマンのダイナミックノーマライザーに物足りなさを覚えていたので、
あらかじめ音楽ファイルに記録していたReplayGainで再生されるのには、
心地よく、また、ダイナミックノーマライザーの無力さを感じました。

これからの音楽のリスニングの主役はFire TV内のKODIになるかもしれません。
「なんてDLNAは素晴らしいんだろう」と思わされた連休の序盤でした。