私の連休の総括と音楽的な驚き。

GW.jpg

世間では長い人では10日間休みがあったはずですが、
私にはその大型連休の恩恵は特に感じられませんでした。

私なりの大型連休の総括をしようと思います。


大型連休の序盤(まだ4月の頃)には、
記事にもしましたがNASを購入し、それとKODIをいじくる事に明け暮れました。
結果的にはこれによりテレビで手持ちの音源を聴けるようになり、
DLNAデビューしたという事になったのですが、
この事により私の音楽鑑賞事情が大きく変化しました。

今まではテレビでのSpotifyが中心で、
その間にウォークマンを聴くというスタイルだったのですが、
Spotifyへの興味が薄くなり、ウォークマンを使わなくても、
手持ちの音源が自由に聴けるようになり、大きく生活に変化をもたらしました。

これによって、Spotify プレミアムの定期購読も解約し、
多少ではありますが資金に余裕を持たせる事が出来るようになりました。

また、音楽鑑賞中心の生活になった事により、
DAZNも観なくて済むようになった為、
来月からのDAZNチケットの購入を、見合わせてみようという事になりました。
これも今後の資金の為に多少でも役立つ事になるはずです。

結果的にNASを購入した事が、現時点では大正解だったと言えるはずです。
「王道のFire TVの使い方」とはかけ離れているかもしれませんが、
Fire TVを持っていて良かったなと思わされた瞬間でもありました。

Fire TVを使ったテレビでのDLNAライフは非常に楽しいものだ。


ここまででも書いてきましたが、
Fire TV上のKODIで手持ちの音楽を聴くのは非常に楽しいです。

それと、楽しいだけでなく驚かされた事もあります。
私はCDをリッピングする際、MusicBeeを使いReplayGainを入力しているのですが、
その精度の高さには驚かされるばかりでした。
(MusicBeeのReplayGainはEBU R128という規格を使っているそうです)


Spotifyでも音量を揃える設定は装備されており、
デフォルトでオンになっているのですが、それでも体感的に音量差は感じました。
Twitter等で調べてみると、SpotifyでもReplayGainは使われているそうですが、
MusicBeeの規格よりも仕様が古いようで、私の耳には効果が薄く感じられました。


それに比べMusicBeeであらかじめ設定していた、
EBU R128規格のReplayGainが、こんな所で活用されるのかと思うと驚きましたし、
その精度の高さには「ReplayGainを入力していて良かった」と感じました。

大型連休期間中はどこにも行かなくても楽しめた!!


結果的に大型連休期間中は、外出や来客などはなかったのですが、
DLNA環境が整った事により、充実した期間を送る事が出来ました。

我が家の音楽視聴環境も日々進歩しており、
数年前と比べれば雲泥の差と言えると思います。

私は音楽がないと生きていけないタイプの人間なので、
今後も限られた資金の中でではありますが、
音楽ライフをより良い物に出来るようにしていきたいなと思います。