現在の私の音楽の聴き方(パソコン編)

MusicBee.JPG

普段私がパソコンで音楽を聴く際は、
SpotifyではなくMusicBeeを使って音楽を聴いています。

では、パソコン上のSpotifyはと言うと、
前にも記事にしましたが、SpotifyはFire TVを用いてテレビで聴いているので、
テレビで聴く音源を管理するための役割を果たしています。

それでは、MusicBeeについて簡単に説明をしたいと思います。

1. ITunesより軽量で、iTunesが操作出来る人なら簡単に扱える。


さすがにiPodやiPhoneの同期は(一部を除いて)出来ませんし、
iTunes Storeにもアクセスは出来ませんが、
iTunesより動作が軽量で、iTunesを扱える人なら操作にも苦労しないと思います。

2. foobar2000を導入するより簡単に導入出来て多機能。


foobar2000といえばパソコンオーディオでかなり有名な存在ですが、
いざ導入しようとなると、
したい事をする為には、色々と調べて導入する必要がありますが、
MusicBeeの場合は最初からかなりの多機能なプレーヤーに仕上がっており、
デフォルトのままでも、様々な事が可能です。

3. 無料で使う事が出来る


MusicBeeとライバル関係になってくるであろうソフトはMediaMonkeyですが、
MediaMonkeyは全ての機能を使うには、有料版を使う必要があります。
ですが、MusicBeeは完全無料で全機能を使う事が出来ます。

4. ウォークマンと同期する事が出来る


これは完全に非公式ですが、
ウォークマンに楽曲を転送する事も可能ですし、同期も出来てしまいます。
(※Music Center for PCで転送しないと使えなくなる機能があります)
これには色々と原因があるのですが、
ウォークマン専用のソフトを使うより、高速で転送する事が可能です。

だんだんと魅力的なプレーヤーに思えてきたのじゃないでしょうか?
私も最初はiTunesを愛用していたのですが、
アップデートの度に変わる操作性や、パソコンの動作を重くするといった点に、
だんだんと不満を抱くようになり、MusicBeeを導入する事に至りました。

冒頭で写真を使っていますが、私の使っているMusicBeeは最新の物ではなく、
バージョンで言うと2.5.5804という古いバージョンになります。

というのも、MusicBeeの翻訳を以前なさっていた方が、
「MusicBeeは2.5までが良かった」とおっしゃっていて、
インストーラーを譲って頂いた事から、このバージョンを使用しています。

何でもそうですが、新しければ全て良いとは限らないので、
この古いバージョンを愛用しています。

新しいバージョンに目新しい新機能が搭載されない限り、
このバージョンを使い続けたいと考えています。