全自動のReplayGainは...

エレキギター(2).jpg

MusicBeeに限った事ではないのだろうけれども、
ReplayGainを用いた音量調整をした人なら経験済みかもしれないなと感じた。

ReplayGainは全自動ではなかなか音量が揃わない!!


私は普段から音楽のリッピングを行う時に、
MusicBeeを用いてReplayGainをタグに入力しているのですが、
全てMusicBeeに任せて、全自動で微調整も行わずにやっていました。

最近ではKODIでその音源を再生することが増えてきたのですが、
案の定、音量が揃っていない事に気付き始めました。

特に、メタル系の音楽とオルタナ系の音楽の間で、
音量差がだいぶ激しくなってしまい、調整の必要を感じ始めています。

もっと具体的に言えば、
ダイナミックレンジが広いアルバムと、そうでないアルバムとの間で、
アルバムゲインが大きく異なってしまい困っています。

結局のところReplayGainは全自動ではあまり音量は揃わず、
微調整が必要だという事なのですが、
どのようにしたら効率よく作業が進められるのか分からずにいます...
(全自動でも、ReplayGainを使わないよりは、使った方がマシではありますが...)

どのようにすれば音量を揃える事が出来るのだろうか...


全自動のReplayGainでは上手く音量を揃える事が出来ませんでした。
それならば、人力で調整をするという事になる訳ですが、
一曲ずつ聴いていくやり方を用いて調整をしてみたのですが、
聴いていく間に、「これで良いのだろうか?」という疑問が湧いてきました。

私の用いた一曲ずつ聴いていくやり方は効率的だとは思えませんし、
何よりも精度の問題で確実性に欠けているのではないかと感じてしまいます。

それでは、一体どうすればよいのでしょうか。
私が一つ考えたのは波形を見ながら音量を調節する方法なのですが、
肝心の波形を見るソフトについて詳しい情報はまだ入手出来ていません。

ReplayGainを用いて音量の調節を行っている方は、
皆さん全自動で行っているのでしょうか?

全自動で揃えば問題ないのですが、
私の場合全自動ではあまりうまく揃わなかったので、
ReplayGainを用いている方の揃えるコツを知りたくて仕方ありません。

意外と海外のサイトを含めても、
ReplayGainを上手く揃えるコツを説明しているサイトがないので、
「上手く揃えている人はどのようにしているのだろう?」と疑問に思います。

特に、クラシックとロックを一緒に聴く人は、
全自動では揃いにくいと感じるのですが、その場合はどうしているのでしょうか。