Flotsam And Jetsam/The Cold

Flotsam And Jetsam-2010-600×600.jpg

本当に「Joshinさんありがとう!!」と言いたくなるくらい、
このアルバムを買えた事に関しては、とてもうれしく思っています。

なぜこのアルバムが買えたくらいで喜んでいるのか?


物が買えたと言っても、たかがアルバム一枚な訳で、
なぜ私がこんなに喜んでいるのか、疑問に思う方も多いと思います。

それは、このアルバムが既に廃盤状態であり、
今売られている(売れ残っている)物がなくなり次第、購入不可になるからです。
ディスクユニオンでも同じ物を注文していたが、
メーカーからの廃盤であるという連絡を受けた事によって気付いた。
また、メーカーサイトのカタログからも消えている事からも、
廃盤で製造を中止している事が確認出来る。

これらの事からJoshin webショップでたまたま在庫があった為に、
(この商品は残り一点だった事からも)購入出来た事は幸運だと思います。


輸入盤も廃盤状態のようです。


私が買ったのは国内盤で、もちろん他に輸入盤も存在する訳ですが、
ヨーロッパでの販売を行っているNuclear Blastのサイトからも削除されています。
(他にアジア盤や、米国盤も存在するようですが、こちらについては不明です)

Check Point!!

CD不況のあおりを受けたのか、
国内盤だけでなく輸入盤の入手も難しくなってきているようだ。



買えた事だけに満足している訳ではなく内容も充実している。


もちろん買えた事だけでも満足していますが、
このアルバムは中身もともなっており、その点からもとても満足しています。

少しダークでシリアスな雰囲気が漂っている、アルバムの序盤と、
バラードを挟んでからの「力技」とでも言えるようなスラッシュメタルの応酬。
私はFlotsam And Jetsamのアルバムを全て聴いた訳ではないのですが、
内容が充実しているここ最近の二作品と比較しても、
全然劣っていないというのか、別の種類のメタルとして優れていると感じます。

ある意味プログレ的な急展開や、
グルーヴを重視した曲等もアルバムのテンションを下げる事なく、
まさに、アルバム本編に関しては「捨て曲なし」といった印象を受けました。

ただ残念な部分もあり、
ボーナストラックで収録されている曲は出来が良いとはお世辞にも言えません。
二曲収録されているボーナストラックの一曲である「Hammerhead」は、
途中で音飛びがしており非常に残念な思いをしました。
(Spotifyで同じ曲を聴いた時に、同じ部分で音飛びしたので仕様だと思います)

Check Point!!

アルバム本編はここ最近のFlotsam And Jetsamの作品に劣らないほど、
充実しているが、ボーナストラックは非常に残念な作りになっている。



最後になりますが、このバンドの表記について。


このバンドの正式な表記は、「Flotsam And Jetsam」のはずですが、
様々な所で、「Flotsam & Jetsam」になっている場合が多く見られます。

どうやら、「Flotsam & Jetsam」というグループも存在するようなので、
表記について疑問に思う部分がありますし、正しい表記を使って欲しいです。





駄文はこのくらいにしといて、本日は終わりにしたいと思います。
今回も読んで下さりありがとうございました。