Flotsam And Jetsam/Ugly Noise

Flotsam And Jetsam-2012-600×600.jpg

自らのアルバムの事を「Ugly Noise」と名乗っている点からも、
前作「The Cold」は何だったのだろうと思わせるぐらい微妙な出来になっている。

前作を無視した新たな路線の挑戦も...


前作で「ドラマチックなプログレ的スラッシュメタル」を成し遂げましたが、
今作では一転してハードロック的なアプローチにチャレンジしています。

鍵盤類を使ってみたり、パーカッションを使ってみたりと、
様々な楽器を駆使して新しい路線に挑戦している事が分かりますが、
いずれも中途半端に終わっており、試みが成功したとは言い切れません。

ハードロック的なアプローチという事で、
リフよりもヴォーカルの歌うメロディーの方が目立つ作風になっているのですが、
そのメロディーもイマイチな仕上がりになっていて、
前作の「Better Off Dead」のような良いバラードも収録されていません。

Check Point!!

前作「The Cold」での成功体験を全く生かせていない。
ハードロック的なアプローチも中途半端に終わっており、
ギターのリフよりもヴォーカルが目立つ作風だが、
メロディーもフックがないような印象を受ける。



ヒット作に恵まれないにも関わらず、ここまで活動してこれたのは?


このバンドは代表作というのか、大ヒットを記録したような作品はありませんが、
なんだかんだで約30年間にも渡って活動を停止する事なく継続してきています。

この手のスラッシュメタルバンドは、
なんかしらの代表作があるバンドのみが活動停止する事なく、
第一線で活躍を続けている事が多いのですが、
このFlotsam And Jetsamはどうやらその例には当てはまらないようで、
一応代表作といえば1stアルバム2ndアルバムになってくるのですが、
それでも大ヒットを記録したとは言えないし、
他のバンドの代表作と比べれば出来は良いとは言えないと思います。
それでも約30年間に渡って活動し続ける事が出来ているのはなぜなのだろうか。
この事に関してはとても不思議に感じてしまいます。

Check Point!!

ヒット作に恵まれないにも関わらず、
ここまで活動停止する事なく継続してこれたのは、珍しい例だと言える。



最後の二曲で「スラッシュメタルバンドらしさ」を表現しているが...


話題は、またアルバムの内容に戻るのですが、
最後の二曲では「スラッシュメタルバンドらしさ」を表現しています。
ですが、それまでの楽曲の出来の悪さが邪魔をしていると言うのか、
いかんせん二曲だけでは悪い印象を払拭する事は出来ませんでした。

何とも言えない物足りなさが残るアルバムに仕上がっています。



本日はこの辺で終わりにしたいと思います。
今回も読んで下さりありがとうございました。次回もまたよろしくお願いします。