iTunesの終了とダウンロード販売の終焉。

150701itunes122.png

以前の記事で「iTunesは時代遅れだ」と書いた記憶がありますが、
そんな私の方が時代遅れだったようで、その事に今まで気付きませんでした。

Mac版のiTunesは終了する見通しらしい。


・参考記事
さらば、iTunes。肥大化した混迷の産物の“死”と、その偉大なる功績

上記の参考記事を読んで頂ければ分かりますが、
米国時間06/03に、 アップルが開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」で、
Macにおける「iTunesの死」を公式に発表したんだとか...

一ヶ月以上前に発表されていたにも関わらず、
私はこの事実を知らなかったというのは、
私がiTunesに思い入れもないし、依存しない生活を送っていたからだと思います。

この事はさほど大きな話題にはなっていないようでしたし、
iTunesに関して検索してみないとこの事実は分かりませんでした。

Windowsでは生き残るらしい。


・参考記事
「iTunes」がMacから消え去る理由 Windowsでは生き残る理由

上記の記事を読んで頂ければ分かりますが、
iTunesはMacでのみなくなり、Windowsではどうやら生き残るようです。

iTunesと言えば「パソコンの動作を遅くする」といった不満はありますが、
PCオーディオを始めたばかりの人や、
iPodを買った人やiPhoneユーザーの人ならば必ず使った事があるはずです。

参考記事の中でも触れられてはいますが、
iTunesは本来の音楽管理の機能だけでなく、様々な機能を追加した為に、
非常に動作が遅く(重いと言った方が正しいかもしれませんが)、
アップデートの度に代わるUIとともに使いやすさも失われていきました。

私も一時期はiTunesを利用していた時もありますが、
動作の重さとともに、他社製品との共存が図れないという事で、
一年も経たずして使うのを止めたという経緯もあります。

アップルといえども時代の流れには勝てなかった。


どうやらアップルといえども時代の流れには勝てなかったようです。
アメリカでは音楽ダウンロードよりも、
ストリーミングサービスの方が盛んになり、
iTunes Storeの需要が低下してきているはずです。

iPodとともに発展してきたiTunesではありますが、
Spotifyなどのストリーミングサービスがそれ以上の発展を見せてきて、
時代遅れになってしまっていたのかもしれません。

どこかのサイトにはアメリカにおける音楽の視聴方法として、
ストリーミングサービスが75%を占めているなんていうデータもありました。

要は、CDなんて時代遅れな訳ですが、
私は今でも気に入った作品があればCDで購入したいと考えています。

昔はiTunesといえば時代の最先端を行っていた。


一昔前ならiTunesといえば時代の最先端であり、
iPodを持っている事がステータスであったような気がしますが、
iPodシリーズも続々と販売を終了し、時代の終わりを感じさせられました。
おかげで、ウォークマンの強力なライバルという物が存在しなくなりました。

アップル信者の人には申し訳ないのですが、
私はアンチアップルなので今回のこのような事態を悪く思いませんでした。
(ついでにですが、私はソニー信者でもありません)

どうしても、「アップル製品を使っている人は気取っている」ように感じていて、
あまりアップルの商品を好意的に思う事が出来ませんでした。

そんな私にとって今回の事態は喜ばしいとは言いませんが、
悪い事ではない気がしてますし、いずれこうなると思っていた面もあります。

iTunesがなくなるのは寂しい部分もありますが、
音楽の聴き方が変化した事による部分も大きいのではないのでしょうか。

私もSpotifyに三度目の加入をしてしまいました。
私はFire TV用Spotifyミュージックをメインに利用しているのですが、
アップデートがあったようでその画面の変化に驚かされましたし、
使いやすさが向上していた事により、再びSpotify熱が加速していきました。
トラブルがなければ良いのですが...