久々にブログに没頭出来る環境が整ったかもしれない。

音楽鑑賞.jpg

11月は一度しか更新する事が出来ず大変申し訳ございませんでした。
月が変わって12月になりましたが、本日からは本腰を入れて取り組めそうです。

相変わらず久々の更新になってしまいましたが...


私の悪い癖でもあるのですが、
一度記事を更新してしまうとそれで満足してしまい、
しばらく更新を放置してしまうという傾向がありました。

これに関しては「申し訳ない」の一言に尽きるのですが、
今月からは本腰を入れてブログの運営にも取り組んでいけそうです。

世間では師走と言われ忙しい時期に入る12月ですが、
個人的には時間の余裕が生まれる為、更新も今までよりは頻繁に行えそうです。

最近発売された新譜をSpotifyで聴きましたが...


ブログの更新を怠っていた間は、音楽鑑賞の日々に明け暮れてました。
ウォークマンで聴いたり、Spotifyで聴いたりと様々な聴き方をしました。

ウォークマンで聴くのは、もちろん手持ちの音源の訳ですが、
その手持ちの音源もウォークマンの音響効果を効かせると、
新たな一面が見えてくるというのか、
既に聴いた事のある音源でも充分に楽しむ事が出来ました。

話は変わってSpotifyについてなんですが、
Spotifyでは購入するかどうか迷った商品をふるいにかけるというのか、
「絶対購入」ではないアルバムを多く聴く事が出来ました。

そこでよく聴いたのは、Alter Bridgeの「Walk The Sky」でした。
前に記事にもしたかもしれませんが、
私はAlter Bridgeでは「Blackbird」が一番のお気に入りで、
それ以降のメタル色が強まったアルバムにはどうも違和感というのか、
あまり馴染めずにいました。

今作もその例に漏れずというのか、
とてもヘヴィにに仕上がっていて、素直に受け入れる事が出来ませんでした。

メロディーも良いし、壮大さがあって良い部分もあるのですが、
私が望んだような作風では今作もありませんでした。
場合によっては購入も考えていた為、多少残念な感は否めませんでした。



他にはSlayerの最新のライヴアルバムも聴きました。
こちらも私にとっては残念な出来であって、とても落胆しました。
「Decade Of Aggression」ではキレキレな演奏でとても満足していたのですが、
時が経つのは残酷というのか、Tom Arayaのヴォーカルがとても辛そうで、
演奏にも切れ味が感じられませんでしたし、
もっとはっきり言えば「衰え」を感じずにはいられませんでした。

Tom Arayaは自分で歌うのが辛い時は、
観客に歌わせる事でごまかしていると感じましたし、
往年のハイトーンボイスは全く聴けず、
普通のキーの曲であってもそのキーで歌えないといった点が目立ちました。



今回の更新はこれくらいにしておきます。


今回は主にSpotifyで聴いた音源の話題について触れてきましたが、
この辺で終わりにしておきたいと思います。

私も今までより時間が取れる為、それまでよりは頻繁に更新出来ると思います。
今回も読んで下さりありがとうございました。次回もよろしくお願いします。