Overkill/Under The Influence

Overkill-1988-600×600.jpg

以前記事で紹介した「Taking Over」の次の作品にあたる訳ですが、
エネルギーに溢れているものの、上手く音に出来ていない感じを受けています。

「Taking Over」はより正統派メタルに近い印象だったが...


時代の流れもあったのでしょうが、
Overkillはこのアルバムから一気にスラッシュメタルに近い作風になりました。
前作にあたる「Taking Over」ではかなり正統派色が強い作風だったのですが、
このアルバムからはやたらとスピードがあるパートが増えたり、
ギターソロもよりスピーディーになり、明らかに他のバンドを意識した印象です。

もちろんスラッシュメタル化するのは悪い事ではないのだが...


スラッシュメタル色を強くするのは悪い事ではないですが、
このアルバムの致命的な欠点とも言えるのが、
「楽曲の作り込みの不足」が目立ってしまうという事でしょうか。

付け焼き刃のようにスピーディーなパートを増やした事により、
楽曲としての展開に突拍子もない所が目立ち始めました。
(突拍子もない展開が、ある意味今後のOverkillの特徴にもなるのですが...)
また、何となくではないのでしょうが、
アコースティックギターを導入した事が、
より意味不明さを際立たせてしまった印象を受けます。

バンドのスラッシュメタル化とアコギの導入を、
一度に行おうとしてしまったが為に、中途半端になってしまった印象を受けます。

もちろん悪い部分だけではなくて...


もちろん悪い部分だけではなくて、良い部分もあります。
それは一言「明るさ」ではないのでしょうか。

次作にあたる「The Years Of Decay」では、
暗い部分が目立ち、それまでの明るさはなくなってしまいました。
この作品では陽気な明るさが目立ち、
楽曲がよく練られていない事を忘れさせるほど、
音質も含め明るさが際立つ出来になっています。

でもやっぱり過渡期の作品との印象を受ける。


でも、結局の所、楽曲が上手く展開出来ていなかったり、
突拍子もない所でアコースティックギターが多用されていたりと、
まだまだバンドのサウンドを作り上げている段階だと私は思いました。

次作である「The Years Of Decay」がある意味で一つの完成系だとしたら、
このアルバムは「あくまでも過渡期の作品」と感じさせられました。

若さ故のエネルギーに溢れた作風は好感を持ちますが、
いかんせん個々の楽曲に「作り込み不足」の印象を強く受けます。
次作ではしっかりと作り込み過ぎたが故に、暗くなり過ぎた印象もありますが、
「ダークな部分」はそれ以降のOverkillの特徴にもなってきていると思います。

今回の更新はこの辺で終わりにしたいと思います。


今回は内容が薄いですがOverkillのアルバムについて書いてきました。
肝心のアルバムの中身が気になる人は下部の試聴リンクで聴いて下さい。



今回も読んで下さりありがとうございました。次回もまたよろしくお願いします。