私とウォークマン達。

ウォークマン達.JPG

また更新を疎かにしてしまいました。
読者の方々には度重なる状況に申し訳ないとしか言いようがありません。

久々の更新ですが、今回の話題は...


一回の更新の度に、次回の更新まで期間が空いてしまい申し訳ありません。
これは私の悪い癖ですが、中々直そうとしても直らない困った物です。

そんな言い訳はさておき、今回の話題はというと、
「私の所有しているウォークマンについて」という事になります。

私はバリバリのMD世代ではありますが、
MDプレーヤーに関してはウォークマンを使うという事はありませんでした。
ですが時は流れて、MDプレイヤーが廃れてからというものは、
ウォークマンで音楽を聴くようになりました。
そんな私が愛して止まない、ウォークマン2台について書いていこうと思います。

初めてのウォークマン「NW-A16」


NW-A16 + α.JPG

これが私にとって初めてのウォークマンである「NW-A16」になります。
その隣にあるのは以前にも紹介したかもしれませんが、
このウォークマンとセットで使っている「RDP-NWT19」です。

このウォークマンの購入のきっかけになったのは、
iPod classicが製造中止になり、
音楽ライブラリをそのまま持ち出せる物を探していた所、
「この機種にmicroSDカードを挿入する」という手段にたどり着きました。

SDカードに関しては買い替えた事もありますが、
現在ではSanDiskの400GBのカードが挿入されています。

さすがにこの当時の機種では、400GBのカードをの挿入を想定してなかったのか、
ライブラリからアルバム一覧を見ようとすると、
動作がぎこちなくなり、あまりスムーズには閲覧する事が出来ません。
いわゆる「ビジー状態」になる事が多い為、「なんとか使えている」といった所。

スピーカーである「RDP-NWT19」についても触れておこうと思いますが、
「NW-A16」は「スピーカー選択」という設定があり、
このスピーカーに合わせて音質を最適化するという事が出来る機種です。
こういったスピーカー選択を出来る機種は、
このNW-A10シリーズが最後になっている為、スピーカーとの相性は抜群です。
高級ではないですが、イコライザーを調整すれば私好みの音で鳴ってくれます。

普段の私の行いが良かったからか(笑)、
今でもこのウォークマンのバッテリーは決してヘタっておらず、
イヤホンで聴いてもかなりの長時間持つのですが、
このウォークマンのイヤホンでの音質があまり好みでは無い事もあり、
スピーカーとともに使うという場面が年々増えてきています。

新しいウォークマンについて。


NW-A55HN.JPG

決してA16に不満がある訳でもないですし、
充分にメインのDAPとして役目を果たす事は出来るのですが、
さすがに"古さ"を感じてきた為、今年ついに新しいウォークマンを購入しました。

それは、今話題になっているNW-A100シリーズではなく、
一つ古くなる「NW-A55HN」をあえて購入しました。
NW-A100シリーズの発表が予想より遅くなった為に、
私はどちらを買うべきかかなり悩まされましたが、
結果的にこちらを選んだ事が正解だったと思っています。

Android非搭載の機種の為、電池持ちは良いですし、
何よりも400GBのSDカードを入れてもぎこちなくはなりませんでした。

タッチパネルと物理ボタンが付いている訳ですが、
どちらも押してからの反応が鈍いというのか、
レスポンスが良いと感じる事はありませんが、音質の良さには変えられません。

このウォークマンの横にある物についても触れておかなければいけません。
これは武蔵野レーベルというメーカーが出しているイヤホンケースで、
この写真からはよく分からないかもしれませんが、
実はこのウォークマン自体にも武蔵野レーベルのフルアーマーケースを、
装着しているほど、このメーカーさんには今回お世話になりました。

武蔵野レーベルさんの商品は若干価格が高く設定されていますが、
それなりの価格に見合った満足感を私に与えてくれました。

今回はこの辺で終わりにしておきたいと思います。


こんな感じで私のウォークマン環境についてお伝えしてきましたが、
この辺で今回の更新は終わりにしておきたいと思います。
次回がいつになるのか分からないのは今に始まった事ではないですが、
もしよろしければ次回の更新も楽しみにして頂ければ幸いです。

今回はありがとうございました。次回もまたよろしくお願いします。